FX 各国の為替市場が開く時間とその特徴を知ろう

FXの教科書

FXが24時間取引可能なのはどうして?

為替市場は株式市場と違い基本的には24時間取引をすることができます。

月曜日の朝から土曜日の朝まで、土曜の昼以降と日曜日はお休みです。

しかし、実際には日本の為替市場(東京外国為替市場)が開く時間は朝の9時から午後の5時までです。

ですが、ロンドン市場は東京の午後5時から、ニューヨークは夜の10時からと数珠つなぎに各国の為替市場が開くことにより24時間休みなく取引ができるわけですね。

特に、東京・ロンドン・ニューヨークの3大為替市場で東京時間の朝の9時から翌朝の7時までをカバーしている、ということを頭に入れておきましょう。

覚えておきたい取引時間の特徴

東京為替市場が開く朝9時のだいたい前後30分くらいの間は取引が突如集中することになり、上にも下にも大きく動くことが多いです。

特に月曜日は、週末のニュースなどの影響を受け、激しく上下することが多いので注意が必要です。

そして、次に注意すべきが、ロンドン市場が開く午後5時前後。

イギリスは伝統的にヘッジファンドが強いお国柄であることもあり、この時間帯は大手が動いてくる可能性も高い時間帯です。

そのため強い意思を持った大きな一方向の動きになることも多いことを注意しておきましょう。

そしてもう一つ注意すべきが、夜10時のニューヨーク市場の開始時間ですね。

この時間帯は取引量もピークを迎えることが多く、日本時間はすでにクローズした後にはなりますが、アメリカに加え、欧州さらに中東のオイルマネーなども同時に動きますので、円にも大きな影響を及ぼすことがあります。

まずは東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場の空き時間についてしっかりと確認しておきましょう。

各国の為替市場の開く時間

最後の世界各国の市場が開く時間をまとめてみます。

全て日本時間です。

  • ニュージランド 6:00~14:00
  • オーストラリア 8:00~16:00
  • 日本 9:00 ~ 17:00
  • 香港・シンガポール 10:00~ 18:00
  • 中東 14:00 ~ 22:00
  • 欧州 16:00 ~ 24:00
  • 英国 17:00 ~ 1:00
  • アメリカ 22:00 ~ 7:00

これらの市場が開く1時間前〜くらいからは特徴的な値動きをすることが多いので、必ず頭に入れておきましょうね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました