MT4と5どっちがいい?

未分類

MT4

正式名称はMetaTrader4と言います。MetaQuotes Softwareによって開発され2005年にリリースされた、自動投資用アプリケーションです。

こちらからダウンロードすることが可能です。

基本的にはWindowsでのみ対応となっています。

公式サイトにはMACやLinuxでもインストール可能、と説明されているのですが、実際にはWineやVirtualBoxといったようなMac上でWindowsを動かす少し、特殊な方法を使用するしかありません。

厳密には動かないわけではないのですが、動作速度や、互換性などに多少の問題がありますので、為替を扱う以上避けた方が無難でしょう。

事実上Windows一択と言っていいと思います。

多くの証券会社で採用され、事実上のスタンダードとなっています。またほとんどのEAもMT4で動くことを前提としたものが多いでしょう。

MT5

2010年にリリースされたMetaTraderのVersion5です。MT4の後継となることを目されたものでしたが、あまり普及していません。

MT5の最大の特徴はMT4では扱えなかった株式や商品取引所の商品を扱うことができるようになっています。しかし株式関連だとMT5以外にも様々なツールがありますので、あえてこれを選ぶ必要はないかもしれません。

またEAのプルグラム仕様も細部が変わっており、互換性もないので注意が必要です。

制作されたEA本数もあまり多くないのが現状です。

結局、MT4,MT5どっちがいい?

現時点ではMT5の普及の兆しがありません。それに対して、MT4はある程度完成したシステムで、ほとんどのEA・証券会社がMT4の利用を前提としています。

この傾向はこのまま続き、逆転するということにはならないでしょう。

まずはなにはともあれ最初の自動投資はMT4をダウンロードして、始めることをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました